【クローゼット整理のポイント】自分に似合う色を知る

クローゼットオーガナイザー®kokoです。

お片づけをする上でとても大切なことのひとつが、
「自分を知る」ということ。

自分の価値観が明確でなければ、捨てる捨てないの判断もしづらいですし、
自分の生活を俯瞰しないと、最適な収納はつくれません。

わたしは、自分のことは自分がよくわかっている、とつい最近まで思っていましたが、
自分のことだからこそ、自分はこうだ、と思い込んでしまっていること多い、ということを
ライフオーガナイザーになって気づかされました。

クローゼット整理をする上でも実は知っておいたほうがよいことがたくさんるわけで。
その一つが「自分に似合う色を知る」ということ。

先日ご縁があり、色彩塾さんのカラーモデルをさせていただきました。

今までもカラーコンサル的なのは受けてことがありましたが、
こちらでいただいたアドバイスはとても的確で、
なぜこの色が似合わないんだろう、、とモヤモヤしていた気持ちがすっきりしました。

もともと私は色味のあるものを着るのが下手で基本モノトーンコーデばかり。
色物を着たくてもなんだか手がでず、
茶系のコーディネートも苦手。

しかし今回のコンサルティングにより、わたしはYRスモクリというタイプであることが判明。
目の色、肌の色などトータルに判断し、赤みのある濃い目の色味が似合うということがわかりました。

とはいえ、、茶は苦手だし・・・と思っていましたが、
実際お洋服をいろいろあわせていただくとなかなかよい。
確かに肌写りがいいのです。

そして私みたいなタイプは本来モノトーンコーデだと寂しい感じになってしまっていたことも判明。
ただ、モノトーンコーデでも、ゴールドのアクセを付けることで、バランスをとることができるらしく、
元々ゴールドアクセが好きな私は無意識にバランスをとっていたようです。

そういえばシルバーのアクセがなんか似合わず、いつもゴールドのアクセばかりだったり、
真っ白が似合わず、ヘビロテしているのはオフホワイトの服だったり、
白黒のボーダーが似合わなかったり、

いろいろお話しを伺ううちに、すべてが腑に落ちました。

「好きなんだけど、なんか似合わなくて着ていない・・」というお洋服。
誰もが一着くらいはクローゼットに眠っていますよね。

それはその色味やデザインが、自分の肌色や骨格に合っていないからかもしれません。

ファッションは感覚やセンス、だと思いがちですが、
ロジカルに解決できることも実はたくさんある、
というのを、師匠である鈴木尚子さんもよくお話しされます。

そして自分に似合う服を知ることが、
美しいクローゼットをキープするコツにもなります。

実際私も今回のコンサルをとおし、手放すことができていなかったお洋服をいくつか手放すことに決めました。

手放す代わりに購入したのが、まったく初めての茶色のパンツ。
e0364258_14323294.jpg
こちらはユナイテッドアローズグリーンレーベルのもの。
ユナイテッドアローズグリーンレーベルのパンツは、
形がとてもきれいで履き心地もよいので大好きです。
お値段も高からず安からず。
普段使いにもおでかけにも活用できるのもよし。

昨年はあまり出番のなかったファビオルスコーニのサンダルも
今年は活用できそう。

自分を知る→似合う服がわかる→買いやすく手放しやすくなる。
美しいクローゼットを生み出すための仕組みづくりが、
またひとつレベルアップした気がします^^


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-06-08 14:28 |  ┣クローゼット収納 | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフを


by koko
プロフィールを見る
画像一覧