専業主婦が夏休みをご機嫌に過ごすためのちょっとした工夫

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰
クローゼットオーガナイザーkokoです。

男児2人が夏休みに入り、毎日3食作り続ける給食おばさんのような生活を送っております。

子供との貴重な時間を楽しく過ごしたい半面、

片づけても片づけても片づかない部屋・・
作っても作ってもすぐになくなるごはん・・
何度言っても自主的にやらないお勉強・・

夏休みは子育てママにとって体力的にも精神的にも厳しいことも確かで。
専業主婦ともなると、毎日一緒にいる上に暑くてもどこかに連れていかなければならないという、
結構過酷な毎日がつづくわけでして。

だからこそ夏休みは親子ともに心地よく過ごせるよう意識して時間を使うようにしています。

毎年我が家が心がけているのが、夏休みの宿題は可能なものはすべて7月中に終わらせるということ。
学校のプールもあるし、7月中は旅行などのおでかけもありません。
午前中スイミングをしているから午後お勉強で終わらせても体力は余らないし。
7月中に宿題が片づいていると、夏休み中のちょっとしたストレスが親子ともになくなります。

そして自分がリフレッシュできる工夫も必要。
家族旅行は毎日の家事から解放される主婦にとって一番のリフレッシュですが、
旅行といってもわずか数日。
ながーい夏休みを乗り切るには毎日の生活の中にもちょっとしたリフレッシュタイムがあると素敵ですよね。

我が家の定番は、子供とカフェ勉強。
スタバでお勉強をすると子供も集中してお勉強がはかどるし、
私はコーヒー飲みみながらデスクワークをしたり、読書をしたり。
とても良い時間がすごせます。

そして週末は主人に甘えて友人とおでかけしたり、
祖父母に子供をお願いして主人と食事をするなど…夏休みだからこそできる自分時間を満喫します。

先日も子供たちが祖父母宅にお泊りにいったので、
主人とふたりでショッピングとディナーと楽しみました。
e0364258_15072358.jpg
ちょっと前までは、なんでも子供第一。
子供が喜ぶことを毎日してあげないと、と、
夏休みになるたびにへとへとになるまで子供に尽くしていましたが、
あるときそのことが自分にとって大きなストレスになっていることに気づきました。

今しかできないことを精いっぱいしてあげたい、と母親として思うのは当然ですが、
これから続く長い道のりを考えるとあまり頑張りすぎても疲れてしまいますよね。

主婦、とくに専業主婦をしていると、
すべてを家族のために尽くすのが当たり前になってしまいがちですが、
だからこそ、たまには自分がご機嫌になることをしてあげるのも大切なのではないかと思います。

最近読了した横森理香さんのこちらの本。
共感できることが多くとても興味深く読ませていただきました。
e0364258_15072450.jpg
怠けるのがよいというわけではありませんが、
これから迎える40代。
頑張りすぎないことも大切なのかもしれませんね。

残りの夏休み、子供との思い出づくりもちゃんとしつつ、
自分時間も楽しんで充実した夏休みにしたいと思います。









[PR]
by b-organize | 2017-08-10 15:10 | 【子育て】 | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフを


by koko
プロフィールを見る
画像一覧