書類整理も「捨てる日を決める」のが大事

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰
クローゼットオーガナイザーkokoです。


子供の学校のお手紙、郵便物、取扱説明書などなど。
毎日の暮らしの中で自然と増えていく様々な書類。

書類整理と言えば、

◎紙で保管する必要がないもの→データ化してエバーノート保存
◎紙で保管する必要があるもの→ファイリングして現物保管

というのがオーガナイザーの間でも定番の整理方法。

とはいえ現物保管しなければならないといっても、
ずっと保管しなくてはならないものって意外と少ないですよね。

だいたいの書類が、

今すぐに捨てるのは不安・・
一時的に保管しておきたい・・

という理由で保管しておくものが多いのではないかと思います。

そうして保管しておいた書類がたまっていき、捨てるタイミングを逃して、
なんのために保管していたのかさえ思いだせない・・
なんてこともしばしば。

そのような悪循環を防ぐのが「捨てる日を決める」ということ。

私は期間限定で保管しておきたい書類にはすべて
捨てる日を明記するようにしています。


たとえば保証書類。購入した年度と確実に不要になる年度を明記。
こうしておくとファイルを見直したときにとてもわかりやすく、
捨てるときに念のため・・と確認する必要もありません。
e0364258_12534611.jpg


税務関係の書類は10年と決めているので、こちらも捨てる日を明記。
e0364258_12370711.jpeg
あとは、保管する場所を決め、年末の大掃除のときなどにチェックをします。


なかなか捨てられないお洋服なども、
「あと1年着なかったら捨てる」
などあらかじめ捨てる日を決めておくと、
あきらめもつきやすくなったりします。

大切なのは、
ただやみくもに捨てる、のではなく、

捨てられる仕組みづくりをすること、
なのではないでしょうか。

すっきり暮らすためには、モノをためない仕組みづくりが大切。
みなさんも「捨てる日を決める」ことができそうなものを探してみてくださいね

★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-08-24 12:53 |  ┣整理収納のコツ | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフを


by koko
プロフィールを見る
画像一覧