カテゴリ:【子育て】( 4 )

「自宅キッザニア?」でおうちごはんを楽しむ

こんにちわ。
クローゼットオーガナイザー®
骨格スタイルアドバイザー®︎
kokoです。


夏休みと言えば大変なのがお昼ごはん作り。

おでかけしているときは
外で済ませてしまうことがほとんどですが、
食べ盛りの男児2人の我が家・・
毎回外食していたら破産してしまいます^^;

そこで最近は「プチキッザニア」と称して
お昼作りを一緒に楽しんでます。

この日は次男のリクエストでサンドイッチ作り。
サンドイッチといってもふつうの量では到底足りないので、
ホットドッグとホットサンドも作って
バリエーション豊かに。
e0364258_10515487.jpg
サンドイッチは私がサポートし
ほとんど子供が作りました。

ホットドッグは卓上で自分で作って
食べるスタイルに。

暑くて外に出るのがおっくうなときも
こうして一緒にお昼ご飯を作れば
おうちでも楽しく過ごせます。

小学生だし、男子だし、
一緒に料理なんて嫌がるかな・・と思ってましたが、
できることが多くなった小学生だからこそ
本格的なお料理が楽しめるということもあり
息子たちに大好評。

私もお昼ご飯作りが楽しくなるし、
みんなで作ったランチは一段とおいしいので
一石二鳥です。

激混みのキッザニアに行かなくても
自宅でできるお仕事体験はたくさん。

男子だからか「お手伝い」というと
押し付けられてる感があるみたいですが、
「お仕事体験」というとなんか楽しそう☆
とワクワクする様子。

キッザニアでいうと
お風呂掃除や掃除機は「ベアーズ」。
お料理は「ABCクッキング」や「モスバーガー」

これからは男子も家事をするが当たりまえの時代ですし、
お仕事体験と称した家事体験を
この夏休みにもっとさせたいな、
なんて思いました。

ちなみに、まだ気づいていないので
報酬は与えてません・・。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


都内を中心に骨格スタイル分析アドバイスなりました。
クローゼット収納サポートをしています。
詳細は下記ホームページをご覧ください。




♡instagram更新中♡
インスタグラムはこちらから

e0364258_21493928.jpg





[PR]
by b-organize | 2018-07-30 11:12 | 【子育て】 | Comments(0)

専業主婦が夏休みをご機嫌に過ごすためのちょっとした工夫

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰
クローゼットオーガナイザーkokoです。

男児2人が夏休みに入り、毎日3食作り続ける給食おばさんのような生活を送っております。

子供との貴重な時間を楽しく過ごしたい半面、

片づけても片づけても片づかない部屋・・
作っても作ってもすぐになくなるごはん・・
何度言っても自主的にやらないお勉強・・

夏休みは子育てママにとって体力的にも精神的にも厳しいことも確かで。
専業主婦ともなると、毎日一緒にいる上に暑くてもどこかに連れていかなければならないという、
結構過酷な毎日がつづくわけでして。

だからこそ夏休みは親子ともに心地よく過ごせるよう意識して時間を使うようにしています。

毎年我が家が心がけているのが、夏休みの宿題は可能なものはすべて7月中に終わらせるということ。
学校のプールもあるし、7月中は旅行などのおでかけもありません。
午前中スイミングをしているから午後お勉強で終わらせても体力は余らないし。
7月中に宿題が片づいていると、夏休み中のちょっとしたストレスが親子ともになくなります。

そして自分がリフレッシュできる工夫も必要。
家族旅行は毎日の家事から解放される主婦にとって一番のリフレッシュですが、
旅行といってもわずか数日。
ながーい夏休みを乗り切るには毎日の生活の中にもちょっとしたリフレッシュタイムがあると素敵ですよね。

我が家の定番は、子供とカフェ勉強。
スタバでお勉強をすると子供も集中してお勉強がはかどるし、
私はコーヒー飲みみながらデスクワークをしたり、読書をしたり。
とても良い時間がすごせます。

そして週末は主人に甘えて友人とおでかけしたり、
祖父母に子供をお願いして主人と食事をするなど…夏休みだからこそできる自分時間を満喫します。

先日も子供たちが祖父母宅にお泊りにいったので、
主人とふたりでショッピングとディナーと楽しみました。
e0364258_15072358.jpg
ちょっと前までは、なんでも子供第一。
子供が喜ぶことを毎日してあげないと、と、
夏休みになるたびにへとへとになるまで子供に尽くしていましたが、
あるときそのことが自分にとって大きなストレスになっていることに気づきました。

今しかできないことを精いっぱいしてあげたい、と母親として思うのは当然ですが、
これから続く長い道のりを考えるとあまり頑張りすぎても疲れてしまいますよね。

主婦、とくに専業主婦をしていると、
すべてを家族のために尽くすのが当たり前になってしまいがちですが、
だからこそ、たまには自分がご機嫌になることをしてあげるのも大切なのではないかと思います。

最近読了した横森理香さんのこちらの本。
共感できることが多くとても興味深く読ませていただきました。
e0364258_15072450.jpg
怠けるのがよいというわけではありませんが、
これから迎える40代。
頑張りすぎないことも大切なのかもしれませんね。

残りの夏休み、子供との思い出づくりもちゃんとしつつ、
自分時間も楽しんで充実した夏休みにしたいと思います。









[PR]
by b-organize | 2017-08-10 15:10 | 【子育て】 | Comments(0)

子供の習い事を断捨離する

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

今日は来年度から始めたいと思っている子供の習い事の体験に行ってきました。
毎年この時期になると見直しをする子供の習い事。

長く続けると決めている習い事はもちろん継続しますが、
学年や子供の興味の変化などでいくつかは見直しが必要になったりしますよね。

私たちが小学生くらいだったころは、習い事といえば、
女の子ならピアノかバレエくらいだったのが、今ではチアにダンスに女子サッカーに女子ラグビーに・・
男の子も野球か水泳くらいだったのが、サッカー、ラグビー、テニス、空手・・・
お勉強のお教室だってくもんに英語にはなまるにアルゴに・・
とにかく数えきれない種類の習い事があって悩んでしまいます。

でもその中から経済的なことや時間的なことを考慮して絞り出していかなければいけないわけで、
親としてはあれもこれもやらせたいけど、どーしよーってなりますよね^^;

そんなときこそ思考や時間のオーガナイズが活用できます。

好奇心旺盛でなんでもやりたがる子。
引っ込み思案で積極性のない子。
親から課せられた習い事を真面目にこなす子。

毎日のように習い事ばかりしている子もいれば
毎日公園で元気に遊んでいる子もいる。

私からしたらどちらもとても良いことだと思います。

結局一番大事なのは
「将来お子さんにどうなってほしいのか」
そして
「お子さんがどうなりたいのか」
つまり、ロングタームゴール(長期目標)でないかと。

それを明確にしたうえでそのために今できることは何か?
と考えていくと優先順位が見えてくるはずです。

テストの点数とか、成績とか、受験とか、近い未来の目標に向けて通う習い事も大切だけど、
冷静に考えてみればそれらはすべて通過点。


そこをきちんと通過することもとても大事なことですが、
最終的なゴールがどこにあるのか、これをきちんと子供と話し合って、
そのためにこの習い事頑張ろうね、と伝えたほうが説得力もありますし、
10年後、5年後、自分がどうありたいかを考えさせる、いい機会にもなります。


そして肝心なのは「親の気持ち<子の気持ち」
おしつけてはいけないということ。

先日私が尊敬する大先輩オーガナイザー、渡邊奈都子先生のセミナー、
「あたたかな親子関係を築く3つの秘訣」に参加してきました。
e0364258_00153031.jpeg
その中でとくに印象に残ったのが
子どもはあるときからコントロールができなくなる・・というお話し。

親はいつまでも自分の子供はコントロールできると錯覚するけれど、
子供は成長とともにしっかり意思を持った人間になるわけで、

親とは、「子供は私の言うことを聞くはずだ、という錯覚と葛藤をする役割」だと。

あくまで子供の意見を尊重し、そのうえでレールを引いてあげる。
ただそれだけのことを複雑にしてしまっているのは親なのかもしれませんね。
母親業って難しいな、と思うと同時にその奥深さをもっと楽しもうと思いました。



★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-02-24 09:27 | 【子育て】 | Comments(0)

お片づけはしつけであり、教育である!~夏休み自由研究のすすめ~

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

いよいよ都内の小学校は夏休みに突入しました。

夏休みといえば自由研究。
なにを研究させるか、親としては悩まされます。

いまは自由研究をしてくれるイベントとかもありますがおそらく激混みですし、
身近なもので、子供にもためになる自由研究があれば…

そんなみなさんにおすすめするのが、お片づけの自由研究。

私的にはとくに女子におすすめかなと。

20代女子の半分以上が汚部屋…そんなデータがでている昨今。
ただの家事ではなく、しつけや教育としての「お片づけ」が注目されています。

情報やモノがあふれる現代。お片づけ力や整理収納力は不可欠になりつつありますし、
女子力UPにもなるので、お片づけのしつけ、教育は早ければ早いほど良いのではないでしょうか。

そしてそして、お子様の自由研究をしながら、
お母さまたちも一緒に空間のオーガナイズをプチ体験できてしまうというメリットも。


お部屋は片付くし、自由研究は終わるし、自らの学びにもなるなんて、素敵だと思いませんか?


ライフオーガナイザー協会ホームページ内にて詳しい作業手順が紹介されています。
ワークシートのダウンロードもできますので、ご興味ある方はぜひチェックしてみてくださいね。


ライフオーガナイザー協会ではこどものお片づけの本
「10歳からはじめるライフオーガナイズ 小学生のための楽しいかたづけ」(葉月出版 税込1,620円)」を出版したり、
毎年開催されている「お片づけ大賞」に子供部門を設けたり、子供のお片づけに関しても熱心に取り組んでいます。


e0364258_13291224.jpg


自由研究でなくても長い夏休みはお子様と子供部屋や学用品をお片づけできるいいタイミング。

猛暑のときこそ、おうち時間にお片づけをとりいれてみてはいかがですか?



★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2016-07-20 08:00 | 【子育て】 | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフ


by koko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る