<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パーソナルコーディネーターのお勉強

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

先日パーソナルコーディネーターベーシック講座の修了証が届きました。
e0364258_16353890.jpeg
ライフオーガナイザーと言いましても、活動の仕方は様々でして。
お片づけのプロとしてお客様のサポートを行うお仕事をメインに活動するオーガナイザーもいれば、

心と整えるお手伝いをするメンタルオーガナイザー、
会社のオーガナイズを得意とするオフィスオーガナイザー、
慢性的に片づけられられない方を心とモノ、両面からサポートする
サーティファイドライフオーガナイザーなど資格も様々。

私はもともと整理収納アドバイザー1級も取得していますし、
近藤麻理恵さんの講座も卒業していますので、モノの整理収納を得意としているわけですが、

今までに加え、クローゼット収納の学びを掘り下げたいと思い、現在お勉強中です。

その中のひとつのステップとして受講したのが、今回のパーソナルコーディネーターでした。

自分自身の経験でも、クローゼット収納は奥深いなと実感しています。
他のモノに比べて、お洋服の要不要の区別をするのは本当に難しい。
いわゆる「無駄のない大好きな洋服だらけのクローゼット」
を目指すには、自分の好きなスタイル、似合う色を知るという作業が欠かせません。

私はもともとおしゃれや洋服は大好きですが、得意かといえばすごく得意というわけではなく・・
だからこそ今回の学びで自分がどれくらい変われるか、とても楽しみです。

自分なりに自宅のクローゼットオーガナイズは完了していますし、
きれいなクローゼットは維持できています。

でももっと最強のクローゼットを目指して、
そして、みなさまに上質なクローゼット収納サービスを提供できるように・・

主婦の学びはまだまだ続きます。


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-03-23 16:40 | Comments(0)

子供のおもちゃ、親が勝手に捨ててもよいか問題 mamalife

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

先日、幼稚園のお子さんを持つ方からこんな質問をいただきました。

「子供のおもちゃって子供が気づかないうちに勝手に捨ててもよいと思いますか?」



まず結論から申しますと、私は「NO」だと思います。



子供が成長するにつれどんどん増えていくおもちゃ・・
「これいつまでとっておくの??」と親からすると理解できないものでも
子供からすると宝物だったり。
これ絶対忘れてるでしょ!というくらい何ヶ月も使ってないようなおもちゃでも
いざ捨ててよい?と聞くとダメ!と言われたり。



こんなことばかりの繰り返しで一向に減らないので、親としては置き場所に悩まされます。

e0364258_16435919.png

だからといってなにかしら断捨離したいからと、
子供のおもちゃを勝手に捨てるのはおすすめしません。


なぜなら思っている以上に子供はおもちゃの存在を覚えているからです。
勝手に捨ててしまったあとに「あれ?あのおもちゃどこ?」と聞かれたとき、
あれ使ってないから捨てたわよ、と言われたらお子さんはどんな気持ちになるのか・・


例えばクローゼットで箪笥の肥やしになっている全然着ていないお洋服。
着ていないけど捨てられないのにはそれなりに理由がありますよね。
着ないんだけどお気に入り・・なんか思い入れがある・・などなど。


モノへの思いは人それぞれ。収納の仕方は十人十色。
ただ雑然としまってあるように見えても、
子供にとってはきちんと収納してるものなのかもしれません。


なので、モノを捨てるときは必ずその所有者に判断をさせる必要があります。
それはご主人のものでも同じ。


我が家の場合は長いお休みのたびに必ず子供と断捨離タイムを設けます。
全然使っていないのにも関わらず何度向き合っても捨てられないものは、
宝物ボックスに収納して、普段使っているおもちゃとは別に保管。

何度か断捨離タイムをしているうちに急に捨てる覚悟ができたものは、
それがベストな断捨離時なんだと判断します。
※我が家の断捨離タイムの様子は⇒こちら
これを繰り返すことで、子供にとって不必要なものはなくなります。


なかなか忍耐のいる作業ではありますが、
定期的にモノと向き合うことで子供のモノへの姿勢も変わりますし、
断捨離という作業がとても身近なものに。

自分のモノにとって一番よい所有の仕方、手放し方を体験させてあげれるし、
親子のコミュニケーションにもなるので、一石二鳥です^^

先日長男に「春休みになったらまた断捨離するんでしょ?」と言われたときには、
なにげなくやっていたことがよい習慣づけになっていたんだな、とうれしくなりました。

もうすぐ始まる春休み。
ぜひお子さんと一緒に親子の断捨離タイムを設けてみてください。



★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-03-15 16:51 |  ┣捨てる・手放す | Comments(0)

【キッチン効率をあげる仕組みづくり】扉裏のフック収納

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

あまり収納スペースが多くない我が家のキッチン。

収納スペースが多くない、というよりは、使いやすい場所にある収納が非常に少ない、
というのが正しいのかもしれません。



ですが、よく使う水周りにはそこで使うものをすぐ近くに収納しておきたいもの。

そこでわたしが実践しているのが、扉裏を利用したフック収納。



ピーラー類を扉裏に吊り下げたら、取り出しやすいし戻しやすい。

半乾きでも収納できたりなかなか便利です。

e0364258_13292319.jpg


フック収納はちょっとした隙間にも活用できるし、100円ショップでも購入できるので経済的ですね。


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-03-10 09:36 |  ┣自宅収納実例 | Comments(0)

お片づけ初心者におすすめの本「ライフオーガナイズの教科書」

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

先日、私が所属する日本ライフオーガナイザー協会より、
「ライフオーガナイズの教科書」が発売になりました。

e0364258_16025341.jpeg


ライフオーガナイズをご存知ない方にもとてもわかりやすく、
「教科書」という名前にふさわしい内容になっています。


このブログでも何度も書かせていただいているとおり、
ライフオーガナイズはただの片づけ・整理収納とは違い、
利き脳やライフスタイルに合った、
その人にとって一番最適な空間を導くための思考と空間の整理術です。


片づけの本や収納本を読んで同じようにやってみてもなかなかうまくいかない・・
それはその方法がその方に適していないからではないでしょうか?


この「ライフオーガナイズの教科書」には
自分に合ったお片づけの方法を見つけるためのヒントや実践方法がたくさん掲載されています。

暮らしの仕組みづくりをして心地よい毎日を過ごしたい方、
ぜひ一度ご覧になってください。




★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-03-05 09:06 |  ┣整理収納のコツ | Comments(0)

モノを増やさないルール☆すぐ使うモノ以外はもらわない

ご訪問ありがとうございます。
美しい暮らしの仕組みづくりをご提案する、
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

断捨離、片付け、整理収納…
頑張って整えても、それをすぐに崩してしまう天敵…それはもらい物です。


私も引っ越しを機にかなり物を減らし、本当に必要なものだけを買って物を増やさないように意識はしてますが、
もらいものだけはなかなかコントロールできず、もらうたびにしまう場所に悩み、どう使うか悩みます。

それから試供品の誘惑。これも女性ならついためてしまうもののひとつですよね。
e0364258_16363624.png

何かのお礼でいただいたものはありがたく受け取り食べ物ならいただく、
物なら使うのが礼儀でもありますが、
やはり放置してしまうと気持ちをありがたく受け取るどころか家でゴミ化させてしまうだけで、
それはそれで失礼な気もします。

そこでわたしが自分なりにだしたモノを増やさないためのルール。
「すぐに使わないものはもらわない」
「もらったらすぐ使う」
ということ。


先日も新聞の方に、粗品ですとカレンダーを渡されましたが、
我が家は使わないのでお気持ちだけいただきますとお伝えしてもらいませんでした。

母親がくれるというものも、使わないともったいないからいいわ、
とすぐに使わなそうないものはできるだけもらわず。

試供品に関しては興味あるものだけもらい、その日のうちに使います。
いつか旅行でつかえるかもしれないから…もNG。
旅行の予定がすぐにあるときだけはOK、にしています。
いつか使うかも、、、、と保管しておくものほど
いざ使いたいときに忘れてしまってることが多いので。


お得だから・・とかタダだから・・むやみやたらにものをもらうのも要注意。
そのときもすぐに食べる、すぐに使うなら無駄にはなりませんが、そうでないならもらいません。

物は放置してしまった時点で忘れられてしまう可能性が高いわけで、

放置するくらいならもらわない。もらったら放置しないで使う。

このシンプルなルールを守るようになってからは、
もらいものを上手に扱えるようになったし、モノが増えにくくなりました。


持つものは必要最低限にして、増やさないようにする。
これだけで暮らしがちょっと美しくなります。


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-03-01 16:37 |  ┣捨てる・手放す | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフ


by koko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る