<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NHK ごごなま 助けて きわめびと

ご訪問ありがとうございます。
クローゼット整理から始める暮らしの美活をご提案。
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

以前の「鈴木尚子さんとクローゼットオーガナイザー」の記事で
ご紹介したテレビ撮影協力のお話し。

5月19日のNHK「ごごなま 助けて きわめびと」という番組にて放送されました。

撮影された部分がどれくらいどのように使われているのか全く知らずに見てみたら、
思っていた以上に映りこんでいてびっくりしました。

今回はお片づけという観点より、箪笥の肥やしを増やさないコツ的な切り口でまとめられており、
師匠である鈴木尚子さんは理論派スタイリストという肩がきで登場されました。

残念ながら番組内ではライフオーガナイザー・クローゼットオーガナイザーについては、
とくに触れてもらえませんでしたが、
番組内の映像で、私が生徒として出ていた講座はクローゼットオーガナイザー講座。

ライフオーガナイザーの中でもクローゼットの整理を極めたい人が学ぶ講座です。
その中でパーソナルコーディネートについて学んでいるシーンを
番組内で使っていただきました。
e0364258_09440829.jpg

クローゼットオーガナイザーはライフオーガナイズはもちろん、
ファッションの基礎知識を併せ持ち、
整理収納とファッションの両面から分析することで、
お客様に最適なクローゼット収納を導きす、
というところがほかの整理収納のプロと大きく異なる点です。

実際お客様のクローゼットオーガナイズにお伺いすると、
「気に入っているんだけどどう着こなせばよいかわからない・・」
「洋服はたくさんあるけど上手に着こなせない」
というお悩みを持っている方がたくさんいらっしゃって、
そんなときに鈴木尚子さん流の着回し術やコーディネート方法がとても役立ちます。

先日、継続してご利用いただいているお客様から、
1年前にオーガナイズした空間が、今でもリバウンドせずとても快適に使用できている、
とのご報告をいただき、とてもうれしく思いました。

ただの整理収納・お片づけであればだれもができる作業。
それをいかに使いやすく、効率的なクローゼットにし、お客様にとって最適な空間にするか、
それを考えるのがクローゼットオーガナイザーの役目だと思っています。

クローゼットオーガナイザーに関しましては、先日最終課題を提出し、いま審査待ちですが、
クローゼットオーガナイザーとして活動できる日に備えてもっとお勉強頑張りたいと思います。

秋ごろより、クローゼットオーガナイズサービスの強化をしていきたいと考えておりますので、
そのときはまたブログにて報告させていただきます。


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-05-24 09:54 | 【オーガナイザー活動】 | Comments(0)

「捨てるお片づけ」と「捨てないお片づけ」

ご訪問ありがとうございます。
クローゼット整理からはじめる暮らしの美活をご提案。
BeautifullyOrganize主宰ライフオーガナイザーkokoです。

断捨離・ミニマリスト・・などなど、
少ないもので豊かに暮らす、という考え方が少し前にブームになりました。

私も断捨離をきっかけに整理収納にはまりましたし、
捨てることで得られる効果が絶大であることは体感済みです。

でも私のように捨ててすっきりするタイプもいれば、
捨てることはできるだけ避けたい、と思う方がいるのも当然で。

その方の物への感情、ライフスタイル、収納スペースが違えばベストな片付け方もかわってきます。

なのでライフオーガナイザーは、お片づけを捨てるから始めません。

まずはお客様がその空間をどうしたいのか、片付けた先になにを求めているのか、を伺うことから始めます^^


ここ最近、クローゼットのオーガナイズ作業に入らせていただいた2人のお客様も
A様は最終的に半分以上のお洋服を断捨離し、
B様は1着も捨てずにクローゼットをととのえました。

A様の場合、不要な服が多いとご自身でもわかっていて捨てたいという願望がもともとおありでしたし、
スペース的な問題もあったので、半分以上捨てたことでとてもすっきりされたご様子でした。

一方のB様はお仕事柄シーン別に様々なスタイルのお洋服が必要だったり、
上質なお洋服を長く着ることが多く、スペース的にも広さがあったので、
ほんの一部捨てずにお譲りするお洋服がでたくらいで1着も捨てず作業終了。
それでも使いやすく仕組み化され、見た目がすっきりと整った空間にご満足いただけた様子でした。
こちらが1着も捨てずにオーガナイズしたクローゼット。
お写真では微妙な変化しかわからないかもしれませんが、かなり使いやすく整いました。

e0364258_09472417.jpg

捨てても捨てなくても、お客様にとってすっきり整った空間になったことは同じで、
お片づけの目的は「捨てること」ではなく「暮らしの快適化」です!

捨てられないから片づけられない、という方は、捨てないお片づけの方法もぜひ考えてみてください。

なぜ、片づけたいとおもったのか。
片づけることで何を得たいのか。

何事にも思考の整理が大切ですね^^


<ライフオーガナイズチャリティーイベント2017>
東京会場は5月30日開催
※東京会場は満席となりました。たくさんのお申込み、ありがとうございました。
e0364258_09384840.png
チラシのPDFはこちらから→配布用チラシPDF版
イベント詳細はこちらをチェック→関東チャプターfacebookページ


★少しでも参考になった!とうい方はこちらをクリックしてください⇓★

にほんブログ村





[PR]
by b-organize | 2017-05-17 09:54 |  ┣捨てる・手放す | Comments(0)

エトランジェディコスタリカのおしゃれファイルボックス

クローゼットオーガナイザー®kokoです。



先日、子供の教材を整理するためのファイルボックスを新たに購入しました。
いつもは無印良品を愛用している我が家ですが、今回はカラフルなデザインがよかったので、初めてエトランジェディコスタリカをチョイス。


カラフルでおしゃれなファイルボックスといえばビュローも有名ですが、子供が使うこともあり、汚れたら気軽に買い換えられるというメリットも考え、コスパのよいエトランジェディコスタリカを選びました。
e0364258_15453949.jpg


長男の好きなグリーンと、次男の好きなブルーを選び、子供たちが自分のだとわかりやすくしたかったのがカラフルにした理由。

紙製なので、300円しないお手軽価格。
実際つかってみても、丈夫だし安いからといって不自由はまったくありません。

無印良品はポリプロピレン、ビュローは塩化ビニル、デザインだけでなく、素材が全然ちがいますので、使い心地で好みもあるかと思います。

引き出しの中など見えない場所なら100円ショップのものでも十分ですし、収納する場所、収納したいもので使い分けるのがポイントなのかなと。

ファイルボックスは書類や本類だけでなく、日用品などをすっきり見せるのに欠かせない収納グッズ。
みなさんもぜひ試してみてくださいね。

そしてそして、いよいよ明日から神奈川会場を皮切りに、全国17会場でオーガナイズチャリティイベントが始まります!
以前のブログでもご紹介しましたが、お陰さまでわたしがスタッフとして入る東京会場は満席となりました。
ほかの会場も残席わずかではありますが、まだまだお申し込みを受け付けております。
詳細はこちらをごらんください。









[PR]
by b-organize | 2017-05-11 11:45 | 【インテリア・雑貨】 | Comments(0)

似合うファッションと美クローゼットで、笑顔あふれるママライフを


by koko
プロフィールを見る
画像一覧